So-net無料ブログ作成

先生との別れ [日記・話題のニュースなど]

1,000日間、先生のマイソールで
練習したパパ太郎は自分のシークエンスが
自動化されつつあった。

先生は、まだそれに気づいてはいない。

ここのところ、
先生はパパ太郎の言動に対して
否定的な自己概念を持っている。

「結果、私の言うことを
聞いていない・・・」と言い、

ヨガは最終的には全てを
捨てていくことと話しながら
圧倒的なパフォーマンスを見せつけている。

ヨガに於いては、先生と私の差は
歴然としており、
私はそれに近づこうとしているにすぎない。
受け止め方の相違なのだろうか?

先生の言う結果とはスゴイ姿?
良く口にするのは「人生が変わる」

パパ太郎の言う結果とは、
それに繋がるプロセスを自動化した姿なんです。


難しいアーサナを3日で出来る人もいれば
パパ太郎のように1000日、練習しても
できない人もいる。

身体のバランスや関節が各人違うから
当然のことである。

ただ、何故できないのか?
本当にできないのか?
自分は本当はどうしたいのか?

そこにたどり着くアプローチや
プロセスを先生と何ヶ月も練習することで
信頼関係が生まれる。
この信頼関係が心と体を癒やす。

パパ太郎はこの信頼関係ができたので
ヨガで糖尿病が治せたのだ。
けっして捨て去るものではない。

そして、パパ太郎は身体の自動化を
結果と考えている。

これをQとすれば、
Qは、はじめはアンバランスで不確実に出現し
時間の経過とともに確実になってくる。

身体が自動化すると
心の制御はより困難になり、
限界を試したい欲望が強くなる。
先生もその気持はわかると思うが・・・


「ヨーガとは心の作用を止滅させること」
とパタンジャリンはヨーガ・スートラの
中で言っている。

サマディのあるべき姿であると
パパ太郎は感じている。

パパ太郎が先生と分かれる時
私はブレること無く他のスタジオに
飛び込んでいくと分かっている。


つまりパパ太郎は先生以上には
ヨーガをまだ知らないのである。

では。

nice!(16)  コメント(1) 

キャリコン面接試験が終わりました(^^) [キャリアコンサルタント]

第6回キャリコンの試験が終わりました。
結果は1月15日です。

6月からリカレントの養成講座で
勉強をはじめたわけですから
結果が出るまでに8ヶ月かかるわけです。

これからキャリコンはじめる方は
参考にされてくださいね。

さて、この8ヶ月を振り返えると・・・

やれることは全てやったと
言えば嘘になりますが
気持ちだけは維持できました。

この諦めない力!
コレが自分のキャリアアンカーと
過去の経験を再現しながら
自己理解を深めている次第であります。

そしてもう一つの
キャリアアンカーは思考の自動化です。

60才のパパ太郎が何故、
ヨガの朝練と仕事と勉強と
両立できるかというと・・・

仲間の存在と
超脳力のおかげです。
超能力ではないですよ脳の方です(^^)

仲間の存在はモチベーションを維持できます。
超脳力は思考を自動化してくれます。

超脳力、この感覚は本当に楽しいです。
問題を見ただけで答えが見えてくる♪
そして高成績に反映されやすい。
勉強したことが脳にレコーディングされて
いるのでしょうね。

パパ太郎の場合は
一つのことを2~3ヶ月やり続けると
思考が徐々に自動化される傾向が強いようです。

60歳の脳力、体力の1日に使える
資源には限界があります。

脳も身体も防衛本能が働き
自動化しているのかもしれませんが、
今、何をスべきかが効率よく
現実化できるのは本当です。

ちょっと話がズレましたが
キャリコン試験でもこの仲間と超脳力の
おかげで終わることが出来ました。

学科は自己採点では合格です。
論述試験は模擬では43点、
本番は30点くらいかなぁ?
面接は60点取れれば合格です。

結果は1月15日です。

では。
nice!(14)  コメント(0) 

スポンサードリンク
Copyright © 糖尿病患者の憂鬱! 糖尿病から得るもの All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。