So-net無料ブログ作成
検索選択
糖尿病の症状 ブログトップ
前の10件 | -

熱いお風呂が好きな人は糖尿病かもしれません! [糖尿病の症状]





糖尿病歴17年?(40才ころから発症なのかなぁ)
でも現在57才、治療したので数値上は健常者。
元気なパパ太郎です。


糖尿病の予備軍時代として
今振り返ると、こんなことがありました。

もともとお風呂はカラスの行水でしたが
40代から熱いお風呂が苦にならず
むしろ、熱いお風呂で身体がシャキッとするんです。


数年後、血糖値が540前後の頃は
夜中にオシッコに6回ぐらい起き

寝不足も手伝って会社に行くAM6:00は
頭も身体もフラフラでした。


それでも熱湯シャワーを浴びると
不思議と身体がシャキlッとして
30分ぐらいは体も気持ちも持つんです。


熱湯シャワーの勢いを借りて
パパ太郎は会社に行ってました。(バカ)

糖尿病になると
末端神経が侵されて感覚が
鈍くなるんですね。


症状は手足がしびれる等・・・

痺れがなくて・・・
身体の末端神経が犯されているので
今まで熱くて入れなかったお風呂や
シャワーが逆に気持ちよくなるんです。


もし貴方やご家族、友人に
熱いお風呂やシャワーが好きな人が
いれば・・・

もしかすると糖尿病予備軍かもしれませんね。



では。




糖尿病とレビー小体型認知症 [糖尿病の症状]




糖尿病と認知症の関係が深いことは
以前の記事でも書きましたが、

糖尿病の患者さんが認知症になる確立は
健常者の2~3倍あるといわれ認知症は
糖尿病の合併症の一つと考えられています。


認知症はアルツハイマー型認知症に代表される
物忘れや言語障害などがあります。

認知症が進行すると最終的には
家族の名前も顔もわからなくなり、
人格さえもが崩壊する恐ろしい病気です。

リアルな幻視はレビー小体型認知症かも・・



さて、最近の報告では
リアルな幻視をよく見る人はレビー小体型認知症
と診断されるようになりました。

レビー小体型認知症?
ちょっと聞きなれない病名ですね。

レビー小体型認知症の主な症状は・・・

寝ている時に目を覚ますと
枕元に幽霊がいたり・・・

部屋に巨大な虫が這いまわっていたり・・・
などなど、リアルすぎる幻視なのです。

先祖の祟りか?亡霊や怪物が襲ってくる
恐怖で生きていく気力が失われます。

逆に食卓で懐かしい人が現れたり
もするそうです。

こういうリアルな幻視が
レビー小体型認知症の一つとなります。

あなたのまわりでブツブツと
見えない誰かに話しかけている人
いませんか?

糖尿病の方は
こういう症状が出た場合は
レビー小体型認知症も疑ってくださいね。


では

ストレッチポールでシンスプリントの痛みが消えました。 [糖尿病の症状]




秋の夜長、いかがお過ごしですか?
あの真夏の暑さがウソのようですね。

さて長年、パパ太郎を苦しめてきた
糖尿病の症状である脚のむくみとだるさ、
シンスプリント、ヒザの痛さが薄らいできましたよ(^^)


満月パワーのおかげかな?
そして一週間前からはじめている
ヨガ流脚のストレッチのおかげかもしれません。


このヨガ流脚のストレッチを
やったおかげでシンスプリントの痛みが消えました。

何年も苦しんだ
シンスプリントの痛みが消えるなんて
信じられません。

ちょっとの知識と道具であなたの
シンスプリントも消えるかもしれませんので
紹介しますね。


□先ず、知識なんですが・・・

1.スネのむくみ、脚のむくみを取るために
リンパマッサージが効果があるということ。

2.足~ふくらはぎ~太ももの
 正しいマッサージ方法を覚えること。

3.股関節を柔らかくすること。

※足首が太くなると
 ふくらはぎ、太ももと足全体がむくみ太くなりますよ。

□道具(ストレッチポール)を使う

パパ太郎が使っているストレッチポールです。

このストレッチポールで
スネや脚の凝っている筋をほぐします。

ストレッチポールを使うと
じつに効率よくほぐしてくれますよ。
スネの凝りは手では無理だろう。


ストレッチポールを使った感想ですが・・・
最初の2日間は痛かったですが

3日目には慣れてきました。
今は痛気持ちいいです。


パパ太郎が長年放置していたスネの痛み
シンスプリントはストレッチポールでスネと
ふくらはぎをほぐしたところ
翌朝にはシンスプリントの痛みが不思議と消えてました。


やっぱり、スネが凝っていたんですね

シンスプリントの痛みはスネや脚の凝りを
取ることで消えるんですね。


スッゲ~な、ストレッチポール!

もっと早くに始めておけばよかったで~す。


関心のある方は試してみてね(^_-)-☆

ストレッチポール


ストレッチポールの使い方はコチラです。













関心のある方は試してみてね(^_-)-☆

ストレッチポール



では

肩こり解消☆肩甲骨を自分でグリグリする方法 [糖尿病の症状]





糖尿病になると血の巡りが悪くなるので
あなたの弱い部分に症状が現れます。
例えば肩こりなどです。

パパ太郎もこの7年間、
肩こりや背中のこわばりで苦しんでいます。

ですが、ヨガをはじめたおかげで
いろいろな身体の障害が
自分で治す術を学びました。


パパ太郎が実践している
肩こり解消法を紹介しますね。

自分でできるので
お金がかからないのがいいですよ(^_-)-☆

肩こりで苦しんでいる人は
肩甲骨を好きなだけ
グリグリしてみてくださ~い。





どうでしたか?
あなたの肩こりは
少しは楽になりましたか?


肩こりが少しでも楽になった人は
コメントいただけると嬉しいです。


では

炭水化物ダイエットは失敗かも・・? [糖尿病の症状]




ちょっと、炭水化物ダイエット
失敗したかもしれません…(;´Д`)ウウッ…

と言うのは・・・
昨日食べた炭水化物量ですが・・・

あきらかに糖尿病患者にとっては
取り過ぎです。

心配だったので

朝、血糖値を計ってみると



ガ~ン・・・

125でした。

IMG_0345.jpg

10日間の炭水化物ダイエットは確かに
空腹時血糖値は99まで下がりましたが

でも、たった1日、炭水化物を100g
食べただけで

血糖値は125 に上がってしまいました。

糖尿病は根本的には
改善されていないんだろうか?

9月の定期検査でHgA1cは
基準値内だと思いますが・・・

やっぱり血糖値が高いと憂鬱だなあ~
先生に確認しなくちゃあね。


では。


アーモンドで血糖値を下げたい方は コチラの記事もよかったらどうぞ

糖尿病の禁断症状 [糖尿病の症状]

糖尿病治療をはじめてもうすぐ1年目を迎える。

今まで主食だった「ごはん、麺類、パン」を殆ど食べない生活を1年続けた結果、

血糖値もヘモグロビンA1c値も改善できました。



でも、身体は正直です。

食欲はいっこうに減らないし、むしろパワーアップしている。


その証拠に食べ物のことを考えただけでも唾液がでるし

お腹はグーグー鳴る。

これが正常なのかもしれない。


肉も食べあきた、

魚も食べあきた。

・・・あ~あ、ゴハンにうどん、アンパンが食べたい!!


ゴハンのことを考えただけでヨダレが出てくるし

この記事を書いている今も唾液が溢れてくる。

これがパパ太郎の禁断症状です。



と、いうわけで「のり巻き1ケとコーンスープ」を

早朝5:00、寝起きに食べてみました。


食後1時間後の血糖値は 161 

食後2時間後の血糖値は 132


数値だけ見ると正常型です。^^;

でも精神的には禁断症状に悩んでいます。

いつまで続く、この生活、

てか。


ketou.jpg



タグ:糖尿病
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

登山翌日の血糖値を測ってみました。 [糖尿病の症状]

昨日の登山は天候にも恵まれてラッキーでした。

そして、ぐっすりと熟睡できました(^^)



朝、起きると適度な筋肉疲労が残り

登山に行った実感が湧いてきます。



低登山は血糖値を下げるので

夕食とお風呂を済ませて血糖値を測ってみました。

夕食は鶏の胸肉、ハンバーガー半分、焼酎3杯、ビール1本、

お鍋の残り、ゆで卵、焼き魚です。


それで食後2hの血糖値は 115 です。

いつもなら 120 以上はあるので下がっています。^^;

P1010122.JPG


糖尿病とケトン体 [糖尿病の症状]

あなたは、ケトン体ってご存知でしょうか?

この馴染みのないケトン体ですが糖尿病と深い関わりがあります。


私たち糖尿病患者は

血糖コントロールが命と言っても過言ではありません。


血糖値を下げて安定させるためには

炭水化物や果糖などの食生活を制限します。



1ヶ月もすると血糖値は確かに下がりますが

そのかわり脳には必要なエネルギーが足りなくなります。

症状としては集中力がなくなったり、イライラするようになります。



その時に身体の中でスゴイものが作られます。

それがケトン体という物質です。

ケトン体は糖の代わりに脳のエネルギーになります。




このケトン体の正体ですが、何だと思いますか?

じつは、ケトン体の正体は脂肪なんです。



つまり、炭水化物や果糖を制限することで

脂肪からケトン体が作られ脳の代替エネルギーになるわけです。



これなら運動しなくても自然と脂肪はなくなり

ダイエットにも効果があります。


但し、残念なことが一つあります。

それはケトン体は酸性なので、増えすぎると

ケトアシドシス(意識を失うこと)を起こしてしまう有害物質ということです。


糖尿病患者にとってはケトン体は諸刃の剣のようなものです。

血糖コントロールを続ければ続けるほど、

その影でケトン体はドンドン増え続ける糖尿病患者も多いと思います。


特に1型糖尿病患者はケトアシドシスを起こしやすいし、

そのまま放置すると死に至ります。




糖尿病と尿酸値の関係 [糖尿病の症状]

会社の健康診断の結果がやっと送られてきました。
一年間、節制したのでかなり良いと思っていましたが・・・。

ちょっと、課題の残る結果でした。
(;´Д`)

糖尿病の数値 ヘモグロビンA1cは5.3 でした。

ところが

尿酸値が 6.7 → 7.6 と、高くなっている。

確か4年前も、尿酸値が7.6の時に
足の親指がパンパンに腫れ上がり痛風を発病しました。
痛くて痛くて、歩けなくなり辛い思いをしました。

この時は病院で飲み薬をもらい
その日のうちに痛みは緩和されました。


もう一つ、気になるのが3年連続の腎臓結石です。
毎日、肉や魚ばかり食べているから
尿酸値が高くなって腎臓に結石ができたのだろうか?


まあ~、今となっては

たとえ痛風になっても糖尿病を改善する方が

優先順位が高いのだから仕方がない。


一年間取り組んできた食生活が

糖尿病にはプラスに、痛風や腎臓にはマイナスに働いたわけです。


『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』には『生活指導』の中に食事療法、
特に『1日400mgを目安にしたプリン体の摂取制限』が示されています。

食事から摂取されるプリン体は体内の尿酸値を増大させます。
肉や魚介類をたくさん食べる人は痛風になりやすいことが知られています。
また、アルコールの飲み過ぎも尿酸値を上げます。


なので焼肉とお酒の食べ・飲み放題は
プリン体の摂取量がハンパないことを覚えておいてくださいね^^;


お酒を毎日飲む人は痛風の危険度が2倍で、
特にビールを飲む人の危険度が高いと報告されています。

アルコールに含まれるプリン体量は多くはありませんが、
アルコールの作用が尿酸値を上昇させるそうです。


痛風の影にある恐ろしいもの



痛風よりもっと怖いのは腎臓結石です。
長年にわたって尿酸値が高い状態を放置すると、腎臓内に小さな尿酸結石が多数産生されます。

まさに今のパパ太郎の状態です。エコー検査の時、看護婦さんに去年の腎結石はまだありますか?
と、尋ねると上部にあるモニターを指さして両腎臓にある小さな粒を見せてくれました。


今は小さな粒でも悪化すると透析に至り、致命傷になりかねません。
尿酸値をコントロールする目的は、痛風を起こさないこともそうですが、
何といっても命にかかわる腎臓を守ることにあります。





糖尿病と「こむら返り」 [糖尿病の症状]

糖尿病の症状として「こむら返り」というのがあります。
「こむら返り」とは足のふくらはぎの筋肉がつることです。


布団の中で必死に痛さをこらえ、パニックってしまう
「こむら返り」ですがあなたも経験があると思います。


糖尿病になると「こむら返り」を起こす方も多くいます。
そのメカニズムは十分解明されてはいませんが
こむら返しを起こす筋肉細胞への伝達神経に異常があるようです。

パパ太郎の場合、「こむら返り」が
頻繁に起こったのは糖尿病が悪化しだした頃です。

ふくらはぎ、太もも、太もも内側、足の指先がつって
「あいたたたた・・・」と、拷問されているみたいです。

寝ていて、急に襲ってくる「こむら返り」に随分悩まされました。
そう言えば、身体が大人に変わる中学生の頃には
いろいろな症状で苦しんだ経験があります><



原因はいったい何だろう・・・



こむら返りが起こる病気には腎不全、肝硬変、運動神経疾患、内分泌異常など
さまざまなものがあります。

中でも多いのが椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの腰椎疾患です。
こむら返りは老若男女に関係なく起こります。

病気の前兆や体の疲れやストレスなど
はっきりした原因がわからないのが現状です。


こむら返りの対処方法



こむら返りが起こったら、つっている筋肉を
伸ばすことがもっとも効果のある対処法です。


必死に伸ばす気持ちは抑えて
あわてず、ゆっくりと伸ばしてくださいね(^^)

日頃からストレッチ体操を行なっていると
予防効果がありますよ。

こむら返しを起こしそうな筋肉は
1日2~3回ほど運動前や睡眠前によ~く伸ばしてください。
また、入浴して筋肉をリラックスさせることも効果があります。

それでも「こむら返り」が解消されないときは
なんらかの病気が関係しているかもしれませんので
先ずはかかりつけの病院に相談してみてください。





前の10件 | - 糖尿病の症状 ブログトップ

スポンサードリンク
Copyright © 糖尿病患者の憂鬱! 糖尿病から得るもの All Rights Reserved.