So-net無料ブログ作成

はじめての朝ヨガは超満員でした。 [ヨガで糖尿病が治る]




日曜日の朝9時に
朝ヨガははじまります。

たまの日曜日、
忙しい人はゆっくり寝ていたいはずですが・・・


おばちゃん達は
ゾンビのように集まってました。
スタジオは超満員で~す。
ざっと50名位です。


その中で、
男連中はチラホラです。
少ねぇ~・・・。


なんか、おばちゃんたちに
パパ太郎の生気が吸い取られそうです(笑)
はじめての朝ヨガでした。


では

3ヶ月ぶりの糖尿病検査結果です。 [私の糖尿病の記録]





1/27は肺がんの検査と
3ヶ月ぶりの糖尿病検査でした。

肺がんの検査は会社の検診では
白でしたが、主治医のススメです。

結果は後日報告します。
さて3ヶ月ぶりの糖尿病検査ですが
前回検査ではHgA1cは5.3でしたが・・・

今回の検査は毎日ごはんを食べての
検査です。

そのかわり週に4~5回はヨガと
水泳で身体を動かしていました。

昨日の夕食はカレーライスを一杯ペロリです。

お酒は毎日飲んでました。


結果はどうでしょうか?


検査の結果は

HgA1c5.6でした。(^^)

前回より0.3ポイント上がりました。(6.4以上が糖尿病です)
血糖値は空腹時で100でした。

昨日食べたカレーライスは
血糖値上昇に影響なかったみたいですね。

そして、忘れかけていた
すい臓のアミラーゼの数値は
基準値より高いが心配はないとのことでした。

このアミラーゼ数値を気にする原因は
アルコールの飲み過ぎによる
すい臓がんのおそれです。

パパ太郎の場合
炭水化物を制限する代わりに
アルコールを毎日摂取しています。

ときには・・・大量に。

普通、アルコールの大量摂取は
肝臓にダメージをあたえる
イメージが強いですが。

じつは、肝臓の強い人が
陥りやすいのがすい臓のチェックです。

すい臓は物を言わない臓器の代表です。

高齢になるとどこかの臓器が良くなるということは
どこかの臓器が悪くなっていることだと
パパ太郎は考えます。

すい臓は自覚症状が出てからでは
手遅れになる臓器の一つです。


今日の検査の結果を先生と
相談してすい臓を休めるために
休肝日を作ることにしました。

月・水・金と飲んで
あとは休肝日にしま~す。

ちなみに
パパ太郎のすい臓くんはインシュリンは
しっかり出して復活してましたよ(^_-)-☆

次回の検査は4月です。


では

血糖値の高い人はヨガのダウンドックのポーズがオススメです(^O^) [ヨガで糖尿病が治る]




ヨガを始めてから1年、
ヨガのポーズはパパ太郎の
筋肉を鍛え身体に柔軟性をもたらしました。


おかげさまでヨガで血流も良くなり
血糖値も下がり糖尿病も改善されました。


今では、ヨガにすっかりハマってしまい
たくさんのヨガ教室を訪問し、見聞を広め
ヨガの知識を自分流に深めています。


それにしても、知り合ったインストラクターの
みなさん若いです。
そして、スタイルが良く手足が長い。


パパ太郎の場合、
筋肉太りで関節の可動範囲が狭く
しかも手足が短いので手と足を絡める
鳩のポーズやねじりのポーズは思うようにはできません。


なので、手足が短くても出来る太陽礼拝。
ダウンドックやコブラやバランスのポーズを深めています。


中でもダウンドックのポーズは地味ですが
全身の筋肉を鍛え、筋を伸ばすにはもってこいの
強いポーズです。


血糖値の高い人は一度
ダウンドックのポーズで身体中を
伸ばされてはいかがでしょうか?


ポーズが上手になると
血糖値が下がっていると思いますよ(^^)







では


水泳教室2日目・・・クロールで25m [水泳で血糖値を下げる]




1/23、水泳教室2日目。

水泳教室初心者コースは Phase 2に入りました。
パパ太郎はクロールで25mを楽に泳げるようになるのでしょうか?


Phase 2に入り先生も変わり
今度は男の先生です。

指導方針は今までとはかなり違います。
これで泳げるようになるのかなぁ?

ところが・・・

なんの、なんの
実に的を得た練習方法だこと。


と、驚きながら
25m☓2回の息継ぎ方法を練習したところ


パパ太郎は、
1時間後には25mを楽に泳げるようになっていました。(^O^)
ウソのような本当の話ですよ。


確実に56才の身体は
技術を吸収して進化をはじめました。


て、言うか・・・
若くはないので技術力を
磨いて体力をカバーしています。(笑)



では



アイアンガーヨガで血行が改善されました。 [ヨガで糖尿病が治る]




パパ太郎が最近気になっている
アイアンガーヨガですが
逆さ宙吊りの体験してきましたよ(^^)



アイアンガーヨガには
ロープを使ったウオーミングアップがありました(´゚д゚`)

こんな感じです♪
(ロープで身体を浮かせます)


i.jpg


このような状態で約1分間
宙吊りになりました。

骨盤にしっかりロープとクッション材が
かかるので安定しています。

痛くはありません、
むしろ気持ちが良いくらいです。(^^)


今日のアイアンガーヨガ初心者クラスは
練習量は少なく、パパ太郎は物足りない感じでした。


しかし、

ヨガの帰り道で不思議なことが起こりました。
はじめての体験です。

外は寒くて吐く息は白いのに
パパ太郎のお腹はポカポカと暖かく
幸せな気分です。


アイアンガーヨガの逆さ宙吊りは
骨盤と身体の歪みを解消して
新陳代謝と血行促進に効果があったんですね。

しばらくは、
アイアンガーヨガに夢中になりそうですね(^_-)-☆


身体の調子の悪い方は一度試してみると
良いですよ♪

アイアンガーヨガ体験コースは2000円でした。
先生は柳生直子さん(この方スゴイ女性です)
場所はスタジオロータスエイトさん
東京都中央区東日本橋3-3-17 Re-Know1F

では。


アイアンガーヨガ (GAIA BOOKS)





東京スカイツリーに行ってきました。 [日記・話題のニュースなど]




1/13 東京スカイツリーに行ってきました。

朝、8時の予約なので、
6時に起きて準備です・・・寒い、
部屋の中は5℃しかないわ。

そして気になるのは天気・・・。

天気は大丈夫かなあ?
カーテンを開けると
今日の東京は快晴で雲ひとつありません。
ラッキーですね(^^)


東京スカイツリーから見る
東京の町並みはおもちゃの作り物のようです。


IMG_0675.jpg



富士山もはっきり見えて気分は爽快です。

IMG_0674.jpg



展望回廊フロアの445mで記念写真を撮りました。


IMG_0711.jpg



一人ではたぶん来れなかった東京スカイツリーですが
これも息子のおかげです。
良い思い出になりました(^^)


では。

息子との旅行(^^) [日記・話題のニュースなど]




いや~寒いですね。
日本列島は寒波が押し寄せてます。

東北や北海道の一部では
大雪の被害が出ていますが
まだはじまったばかりなので
十分に気をつけてください。

雪国で育ったパパ太郎は
大雪や寒波の怖さをいやというほど知っています。

大雪は人間を白い恐怖で包み込み
絶望感を与えます・・・コワイ、コワイ。

水や電気、交通が遮断されると
生きることは出来ません。

そんな中、
息子とパパ太郎は滋賀へ
旅行中です。

滋賀といえば近江牛。

今日は息子と
近江牛を食べちゃいました(^^)


近江牛のホルモンは
柔らかくさっぱりしていて美味かったよ♪

IMG_0632.jpg



近江牛のロースは
ちょっと油っぽかたなあ~

IMG_0633.jpg


滋賀でもチラホラと雪が舞ってます。
でも、コチラの雪は東北や北海道と
比べると温かいですね。


では。

これから滋賀県に行ってきます。 [日記・話題のニュースなど]





年明け早々ですが
息子の進学の準備で滋賀県に行ってきま~す。

東京は朝から快晴、良い天気です。
滋賀県はどうでしょうか?
ちょっと気になります。


今日はアパート探しです。
3件ほど内覧を予約しているので
希望通りのアパートが見つかるといいな(^^)。


そして、明日は面接です。
さすがに、面接の付き添えは出来ないよね(笑)



では。

アシュタンガヨガ札幌2回目は・・・。 [ヨガで糖尿病が治る]




1/4、アシュタンガヨガ札幌の2回目の
レッスンを受けてきました。

今年、はじめてのヨガなので
身体はどんな調子か気になるところです。

前回同様の、熱い指導で
汗がほとばしります。

骨盤をまっすぐ立てるポーズが
中心なので下半身はプルプルパンパンです。

この状態で身体を正しい姿勢に
サポートしてくれるので
効果が抜群です。

ここのスタジオは
このサポートがしっかり
しているのがオススメです。


その直後に木のポーズ等
バランスポーズで・・・、

平常時はできるポーズも
下半身がプルプルで
ほとんどケンケン状態でした(笑)


骨盤を立たせる(身体をまっすぐ立てる)
ことは月経不順に悩んでいる女性には
効果があるようすよ。(^^)


では。

札幌は毎日大雪です。 [日記・話題のニュースなど]




お正月から札幌は毎日、
雪が降っていま~す。

明日から仕事はじめの人も多いと
思いますが・・・
パパ太郎はまだ休みです。


今日は午後から体育館でストレッチ。
明日はお試しでヨガしてきます。




では。

スポンサードリンク
Copyright © 糖尿病患者の憂鬱! 糖尿病から得るもの All Rights Reserved.