So-net無料ブログ作成

アシュタンガヨガをはじめて3年が経ちました。 [ヨガで糖尿病が治る]

早いもので、
アシュタンガヨガをはじめて
3年が経ちました。


今では、
ムーンディ以外はほぼ毎日
ヨガスタジオに通っています。


いつの間にかパパ太郎は
スタジオの中では
ベテランさんになっていました。(^^)


新しい練習生が入ってきても
1~2ヶ月もすると
いつの間にか来なくなります。


どんな思いでヨガを
はじめたのだろうか?

ふと、
そんなことを考えてしまいます。
ダイエット、気分転換、健康・・?


パパ太郎の場合は
ボロボロの体を治すため。

糖尿病で血糖値は500以上になり
大腸や胃にはポリープができて、

その影響からでしょうか
身体中の神経が過敏に反応して
夜寝ることができなくなりました。


睡眠不足が一週間も続くと
体力は限界に達し幻覚と幻聴が
襲ってきました。


精神は崩壊に向かい
自分で自分をコントロール出来ません。
いつ死んでもおかしくない状況です。


そのボロボロな身体を治すために
アシュタンガヨガをはじめました。

薬の力よりは
ヨガの神秘的な力を自ら実験台に
なることで確認したかった。


そんな思いを込めて
強いヨガをすることで自然治癒力を
高めようと、練習に明け暮れました。


1ヶ月ほどすると
夜はぐっすり眠れるようになりました。
今では血糖値も正常にもどり、

ポリープも姿を消しました。
普通の食事にお酒も飲んでいます。

身体を治したいという強い思いで
はじめたアシュタンガヨガは

いつの間にか、身体と心が劇的に
変化したことにより
ヨガの魅力に心を奪われてしまいました。


ヨガは時間を超越して
パパ太郎に20代の若さとエネルギーを
戻してくれたと感じています。


では。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


スポンサードリンク
Copyright © 糖尿病患者の憂鬱! 糖尿病から得るもの All Rights Reserved.